忍者ブログ
Admin*Write*Comment
『写真日和』に出掛けよう♪
[549]  [548]  [547]  [546]  [545]  [544]  [543]  [542]  [541]  [540]  [539
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、ふいに気になって調べてたらわかりました。
全5作品「AC公共広告機構CM『日本昔話バージョン』」!

懐かしい♪って思った貴方は、( ^^)/\(^^ ) ナカマ!!
再放送しても良いと思えるCMなんやけどなぁ。。。

ちなみに「まんが日本昔話」、好きでよく見てました♪
あれって全編「市原悦子さん」と「常田富士男さん」の二人で声を担当してたんですよね?すげぇ。。。

またちょっと見たくなってきたなぁ・・・。





■もったいないお化け(制作:1982年12月 電通大阪)
テレビ番組「日本昔話」より題材を得て、同じアニメーションで食べ残しをなくそうと訴えた1作目。




■ツンツン娘(制作:1983年7月 電通大阪)
「日本昔話」の楽しいアニメーションシリーズの2作目。コミュニケーションの第一歩はあいさつから始まることを子供に訴え、関心を集めた。




■お手伝いタヌキ(1984年7月 電通大阪)
日本昔話」シリーズの3作目。「お手伝い」という言葉は死語になりかけているが、しつけの原点である。子供が楽しみながら学べる点を意図した。




■仲よし地蔵(制作:1985年5月 電通大阪)
「日本昔話」シリーズの4作目。小中学校で問題になっていた「いじめ」がテーマ。ある新聞の調査では8割の小中学校でいじめが発生。




■ごめんの鐘(制作:1986年8月 電通大阪)
「日本昔話」シリーズ第5作目。テーマは、間違いに気付いた時には素直に謝ることの大切さ。「ごめんなさい」の一言はスムーズで思いやりのある人間関係の基本の一つ。ひねくれ小僧と鐘の精、そしてゴメーンと鐘の鳴る話は多くの人々の共感を得た。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
- 気まぐれな空とキミの話 -
  • Twitter ウィジェット
  • プロフィール
HN:
初心者ひろ
HP:
性別:
男性
趣味:
写真日和にお出掛け♪
自己紹介:
ラーメン大好き似非土佐県人が高知や四国やできれば日本全国をカメラを持って探索したい!と思いつつコレ書いてます。^^
  • POSTCARD販売
ポストカード販売中
  • 最新コメント
[11/13 DSLR-A900]
[08/21 mimi]
[02/17 mimi]
[02/15 ムシ]
[02/12 ムシ]
[01/17 カッキー]
[01/11 カッキー]
[01/01 mimi]
  • WEB本棚:ブクログ
  • from photoback.jp
  • カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • BlogPeople
  • 最新トラックバック
  • アクセス解析
  • ブログ内検索
  • バーコード
Copyright © 『写真日和』に出掛けよう♪ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]