忍者ブログ
Admin*Write*Comment
『写真日和』に出掛けよう♪
[169]  [168]  [166]  [167]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

見上げるのは・・・


少年心は忘れない・・・どうも、初心者ひろです。
ピーターパン症候群でしょうか?

前にブラブラした時に撮った写真です。
今回から「空と電線」の画が続くかもしれません。
なんか気がつくと空と電線のコラボで撮ってました。
ん~、街中だからでしょうか?

今日のタイトルは昔なんかの映画から。
たしかこんな感じのコピーが付いてたような・・・。
映画自体のタイトルは「鉄塔武蔵野線」というもの。

引用:Amazon.co.jp
ある夏の日、両親の離婚で引越しすることになった小学6年の少年・見春(伊藤敦史)は、東京都保谷市と埼玉県日高市を結ぶ送電線、通称“武蔵野線”が一体どこまで続いているのかを知りたくなり、2歳年下のアキラを連れて送電線を1号線までたどる旅に出た…。
第1回PFFの入賞者でもある長尾直樹監督が、日本ファンタジー・ノベル大賞を受賞した銀村のぼるの小説を映画化したキッズ・ムービーの秀作。淡々としながらも叙情的かつノスタルジックな演出が大いに功を奏し、子ども時代はすべてが冒険であったという、大人になると忘れてしまうことまで思い出させてくれる佳作である。現在TV版『電車男』などでも活躍中の伊藤敦史が子役時代に主演した作品ということでも、今では価値ある作品だ。(増當竜也)



(亀さんが)見上げるのは・・・


おまけ?の上画像は、電線横の河に居た亀さん。
種類まではわからんけど、、陸?に上がってきてました。
日光浴してたのか?はたまた僕と同じく鉄塔を見上げていたのか?

それとも河に入ろうとしたら予想より冷たかったので躊躇してるとか?
「母さん、お風呂冷たいよーー!?」・・・みたいな。。笑

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
tetra018 URL 2007/02/20(Tue)20:18:57 編集
こんばんは。tetraです。

電線は車窓から追いかけていると
見失いますね。
あれぇ。どこいったぁ?みたいな。
電線山の中入ってしまったり・・・


そして、最近まで電柱の近くにあるあの白い物体が気になってました(>_<)
小さい頃はマシュマロだとか思ってました(笑)

亀さんもマシュマロが食べたかった・・・・???
  • > tetra018さんへ
初心者ひろ 2007/02/21(Wed)08:03:02 編集
この亀さんは、白いマシュマロが電線から落ちてくるのを待つことが日課である。。○か×か。笑
僕はあの電柱と電線のつなぎ目にある黒い形をしたものを、緊急用の機関銃だと思ってました。
電気が通ってるからレーザー銃というか、いつ奪い取ってやろうかと、、そんなコトを考えてた気がする。笑
小さい頃は想像力は無限ですからねぇ♪
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
- 気まぐれな空とキミの話 -
  • Twitter ウィジェット
  • プロフィール
HN:
初心者ひろ
HP:
性別:
男性
趣味:
写真日和にお出掛け♪
自己紹介:
ラーメン大好き似非土佐県人が高知や四国やできれば日本全国をカメラを持って探索したい!と思いつつコレ書いてます。^^
  • POSTCARD販売
ポストカード販売中
  • 最新コメント
[11/13 DSLR-A900]
[08/21 mimi]
[02/17 mimi]
[02/15 ムシ]
[02/12 ムシ]
[01/17 カッキー]
[01/11 カッキー]
[01/01 mimi]
  • WEB本棚:ブクログ
  • from photoback.jp
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • BlogPeople
  • 最新トラックバック
  • アクセス解析
  • ブログ内検索
  • バーコード
Copyright © 『写真日和』に出掛けよう♪ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]