忍者ブログ
Admin*Write*Comment
『写真日和』に出掛けよう♪
[380]  [379]  [378]  [376]  [374]  [375]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

爽快な空



夏の或る日、太陽の下。



おはようございます。初心者ひろです。
最近、家電製品がいろいろと調子悪くて・・・。
このパソコンも例外なく、いつ吹っ飛ぶとも知れず・・・。
その内、ケータイからしか更新できなくなるかも。。。
・・・ソイツは勘弁! ( >Д<;)

こないだ「ピアノの森」というマンガを読みました。
・・・おもしろい!高田純二も絶賛とのこと。。
今度アニメ映画にもなるんですよね?
確かマッドハウス制作とか。

そう、TVで告知でやってるのを見て思い出したんです。
「あ~そういう漫画、なんかあったなぁ」って。
何年か前に本屋で一巻だけ読んで、それっきり。
それがこのあいだ、ラーメン屋に入ったら本棚に「ピアノの森」が並んでて、どれ読もうか・・・10何巻か置いてた内、運命?の5巻を選んで読みました。

・・・おもしれぇ。途中からだったけど十分おもしれぇ!
んで、ラーメン食ってからブックオフに行って1から読み直そうと・・・思ったら、7巻8巻9巻11巻12巻とバラバラ抜け抜け。
でも面白かった。いつかちゃんと読みたいなぁ。・・・全巻揃えるか!?


あらすじとしては・・・

天才的なピアノの才能を持つ少年「一ノ瀬 海」。幼い頃から特殊な森のピアノを弾いて育ったことにより、その素養は磨かれて行った。

同時期にピアノの元の持ち主であり交通事故によって左手の自由を失っていた天才ピアニスト「阿字野 壮介」に偶然見出され、成り行きで第56回全日本ピアノコンクールに出場。

「一ノ瀬 海」は、会場を巻き込んで熱狂的な演奏を披露するが、結果的には「コンクール」の趣旨には合わずに落選してしまう。この経験によって「人前でピアノを聞かせる」ことの快感に目覚めるカイだが・・・。

一方、そのコンクールにおいて満点を取った「雨宮 修平」は、ピアニストの家系に育ち、幼少から英才教育を受けていた。カイと雨宮はお互いに親友同士なのだが、カイが純粋に「自分のピアノ(音)」を追求するのに対し、雨宮はあくまで「他人と比較した上での自分」を価値の基準としてしまう傾向がある。その為、雨宮はカイをライバル視しているものの、当のカイからは結果的に相手にされず、そのことがまた雨宮を苛立たせることとなっているようで・・・。


僕がラーメン屋で読んだのは、ちょうどピアノコンクールが描かれたもの。そこで出会う「丸山 誉子」とのやりとりもいいし、カイと雨宮のそれぞれの心境がそれぞれに楽しめて面白かった。

興味持たれた方は、ぜひ一度読んでみて下さい。
「ピアノの森」Wikipedia
文中引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
- 気まぐれな空とキミの話 -
  • Twitter ウィジェット
  • プロフィール
HN:
初心者ひろ
HP:
性別:
男性
趣味:
写真日和にお出掛け♪
自己紹介:
ラーメン大好き似非土佐県人が高知や四国やできれば日本全国をカメラを持って探索したい!と思いつつコレ書いてます。^^
  • POSTCARD販売
ポストカード販売中
  • 最新コメント
[11/13 DSLR-A900]
[08/21 mimi]
[02/17 mimi]
[02/15 ムシ]
[02/12 ムシ]
[01/17 カッキー]
[01/11 カッキー]
[01/01 mimi]
  • WEB本棚:ブクログ
  • from photoback.jp
  • カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • BlogPeople
  • 最新トラックバック
  • アクセス解析
  • ブログ内検索
  • バーコード
Copyright © 『写真日和』に出掛けよう♪ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]